ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その2

こんにちは、てくのブログです。

前回に続きクリックアシストのお話ですが、今回は設定項目のことを。

ジョイスティックマウスやZonoもそうですが、この手のデバイスやソフトには様々な症状のユーザーが使えるよう、設定機能が備わっています。

クリックアシストでもこの点は注力していて、多くの項目を用意しています。

パネルの一番下にある歯車のアイコンを選択すると、設定画面が開きます。さっそく一番上の段から見ていきましょう。

クリックアシストの設定画面

クリックまでの待機時間

クリックアシストではポインターの動きを止めると、パネル上でアクション(アイコン)を選択したり、選んだアクションを発動させることができます。このとき止めておく時間(=待機時間)を設定できます。

デフォルトは1.2秒になっています。0.1~3.0秒の間で、0.1秒刻みで決められます。

クリック待機の有効範囲

ポインターの動きを“止める”といっても、どれくらい止められるのかは人それぞれ。
なのでクリックアシストではその範囲をピクセル単位で決められるようにしました。

10ピクセルから100ピクセルまで10段階にわかれています。たとえば50ピクセルに設定すると、ポインターが動いても50ピクセル以内なら“止まっている”とみなされます。

ちなみにZonoには震え補正機能があって、不随意運動や振戦の影響を抑えることができます。こちらもあわせて試してみてください。

待機時間/有効範囲の表示

「設定できるのはいいけど、いざ使うときにどれくらい止めればいいのかわからないよねー。」と思ったそこのあなた。あなたのために待機時間と有効範囲が見てわかる仕組みも入れています。
表示をオンにした状態で、待機時間と有効範囲の設定を変えてみたビデオをどうぞ。

まずは待機時間
待機時間はサークルで描かれていて一周したらアクションが発動します

続いて有効範囲。
四角い枠の中が有効範囲で、ポインターが動いてもこの枠から外に出なければ“止まっている”と見なされます。

アクションが発動されると枠が青くなります。こうなると有効範囲、つまり四枠からいったん出ないと次のアクションは発動されません。

両方とも表示させるとこんな感じです。

マウスカーソルの強調

カーソル(ポインター)のまわりにグリーンのサークルが表示されて、目立つようにします。

クリック音を鳴らす

これはそのまんまです。チェックをいれるとクリック音が鳴るようになります。

起動設定

「スタートアップに登録」にチェックすると、Windows を起動したら自動的にクリックアシストが立ち上がるようになります。

マウスのプロパティを開く

Windows OS自体にもマウスに関する調整メニューが用意されています。
例えば左利きの人が使いやすいようにするとか、ホイールを1回動かすと何行スクロールするとか、ポインターの表示を変えたりとか…

この話をすると長くなるので、また別の機会に。

続きは第3回で。

今回はここまで。次回はパネルの表示設定などの話をしようと思います。

クリックアシスト(無料版)のダウンロードはこちらからできますので、面白そうと思ったら試してみてください。

それではまた~。

 

<関連するエントリ>

 ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その1

 Zonoで右クリックやダブルクリックをする方法 その1:スイッチをつなげる