【改訂版】MOMOは他の上肢装具となにが違うの??

こんにちは、てくのブログです。

すっかり忘れていましたが、1年以上前に「MOMOは他の上肢装具となにが違うの?」 というエントリを書きました。

この1年と数か月の間にも、補装具の支給対象になったり、車いす用ブラケットやフロアスタンドができたりと、MOMOは進化を続けています。
なのでこのエントリを最新バージョンに改定したいと思います。

B.F.O型上肢装具

MOMOは「B.F.O型上肢装具」というカテゴリに入ります。このカテゴリには他にも「ポータブル スプリング バランサー(PSB)」や「ボールベアリングフィーダー」といった商品があります。

難しいのはそれぞれに異なる機能やオプションがあって、しかもご利用者の症状や使う環境、目的などによって良し悪しが変わるということです。ようするに、「誰にとっても、なにをするにも、MOMOが一番優れている!!」ということではありません。(そうであれば嬉しいのですが…)

各商品の特徴を踏まえて、適切なものをチョイスしてもらえたらと思います。

比べてみる

それでは早速比べてみましょう。主な機能やオプションをまとめてみました。

こうして 比べてみると、腕を下から支えること、かつスプリングによってクッション性上下のアシスト力があること、ユーザー自身でのつけ外しロック機能が優れていることがMOMOシリーズの特長と言えます。

またMOMOは、MOMOプライムやPSBとはスプリングの力のかかり方が違います。この点が、「今まで使いやすいものが見つからなかった」という方々から評価していただける理由だと思います。

最近までPSBに対し劣っていたオプションが豊富さも、「車いす用ブラケット」や「フロアスタンド(補装具対象外)」を追加したことで追いついてきたかなーと思います。

MOMOシリーズとPSBは、どちらも比較したうえで、長く使うことも考えて、ご自身に合うものをチョイスしてください。

ボールベアリングフィーダーはMOMOシリーズとPSBに比べ動きの自由度や調整機能が限定されますが、最もシンプル手軽に使うことができます。

ということで

MOMOシリーズと他のB.F.O型上肢装具の違いを紹介しました。上肢装具を選ぶ際は、参考にしていただけると嬉しいです。

MOMOシリーズの詳しい情報はテクノツールのサイトでご覧くださいませ。
最近動画も増えてきたので、この機会に全部紹介しちゃいます。




それではまた~。

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その1

こんにちは、てくのブログです。
先月「クリックアシスト」というソフトの有料版をリリースしました。
これはマウスポインターの動きだけでWindows PCを使えるようにするソフトで、先行リリースしていた無料版と比べ有料版は大幅に機能がアップしています。
クリックアシストの基本的な使い方はこちらのビデオを見たり、無料版をダウンロードして試してみてください。

以下の比較表に一通りのことは書いてありますが、これだけではわかりにくいということで、数回にわけて動画付きで有料版を紹介していきます。
今回は表の左側、マウス操作のところから。
無料版と有料版の比較

 ドラッグとホイール

1番わかりやすい点は左右ドラッグとホイール上下ができるようになることです。

 連続操作モード

これは 何気に便利な機能。
アイコンが黄色くなった後もポインターを止めたままにしておくと、ロックがかかります。
この状態になると選択したアクションが続けて実行されます。
webサイトやドキュメントを閲覧するときにかなり便利です。

 連続操作が可能なアクションは右クリック、ダブルクリック、左ドラッグ、右ドラッグ、ホイール上、ホイール下です。
というわけで、今回はマウス操作のアクションで加わった機能のお話でした。
次回は超パワーアップした設定項目を紹介します。
それではまた〜。
<合わせて読みたい>