使いかた

まだあるぞ!点字編集システム7の便利な機能|点字編集システムの使いかた

こんにちは、てくのブログです。

ひさしぶりに「点字編集システムの使いかた」シリーズです。

前回は3回にわたって点字編集システム7に新たに追加した「拡張クリップボード」という機能を紹介しました。今回は「他にもまだある便利な機能」をいくつか紹介します。

ページ行のコピーと貼り付け

まずはページ行のコピーと貼り付けです。

点字編集システムの1行目は水色で反転されて表示されています。これは、「ページ行」という特別な行です。

「ページ行」はWordでいうとヘッダーフッターエリアと同じようなもので、主にページ番号をふっていくための行なのですが、たとえば目次が複数ページにわたる場合などに「ここは目次ですよ」的なタイトル(?)を入れたりすることがあります。

これまではそのタイトルを1ページずつ書いていかなければいけなかったのですが、点字編集システム7では、ページ行で「コピー」や「貼り付け」ができるようになりました

(ちなみにページ番号は全ページ一気に自動でつけることができます)

「ページ行」と「本文行」
「ページ行」と「本文行」

ページ行にカーソルを移動して「Ctrl+C」を押すと、ページ行1行分がクリップボードにコピーできます。同様に、ページ行にカーソルを移動して「Ctrl+V」を押すと、ページ行に1行分のデータが貼り付けられます。

ポイントは「1行分」というところです。ページ行では点字を一文字ずつ選択することができないので、「1行分」まるごとコピーや貼り付けをすることになります。

※ページ行のコピーと貼り付けは「Ctrl+C」と「Ctrl+V」のショートカットキーのみの対応となっています。編集メニューは利用できませんのでご注意ください。

墨訳数字の色変更機能

墨訳表示をしていると、英字の「O」と、数字の「0」など、英字と数字の違いがわかりづらいことがありませんか?

点字編集システム7では、このようなややこしい文字を見分けやすいよう、墨訳の数字部分の色を変更することができます

標準設定では、通常の墨訳文字は「赤」、数字は「ピンク」になっていますが、次の手順で色を変更することもできます。

  • メニューの中の「設定」の中の「表示設定」を開く
  • 「色設定」の項目を「墨訳数字色」にして「色設定」ボタンを押す
  • 通常の墨訳とは別の色(例えば緑)などにして「OK」ボタンを押す
  • 「保存終了」ボタンを押す

この状態で墨訳すると、墨訳の数字は「緑」で表示されて、英字と数字がはっきり区別できます。

色の設定
色の設定

バックアップファイル選択機能

「いちど上書き保存したけど、前のバックアップファイルを開きたい」ということがたまにあると思います。

これまでバックアップファイルを開くには、バックアップファイルの拡張子を「bak」から「bes」に自分で変更する必要がありましたが、点字編集システム7では「bak」のままで開けるようになりました。手順は次の通りです。

  • メニューの中の「ファイル」の中の「開く」を選択して「開くダイアログ」をひらく
  • 「ファイルの種類」のところで、「バックアップファイル」をえらぶ
  • バックアップファイルが表示されたら、開きたいファイルを選び、「開く」ボタンを押す
  • 「bak形式はファイル名の引継ぎはできません。新規文書として開きます」というダイアログが開いたら、OKボタンを押す

このようにすると、新規文書(無題)としてバックアップファイルが開きます。

バックアップファイルをひらく
バックアップファイルをひらく

※開こうとしているファイルが「BES形式」でない場合は、「ファイルが正しく読み込めませんでした」というエラーダイアログが表示されて読み込みを中止します。

ということで、主な便利機能を紹介してみました。点訳作業がより効率的に行えるよう、活用していただけると嬉しいです。

それではまた~。

【点字編集システムの使いかた 他の記事はこちら】

① 拡張クリップボードってなんだ?|点字編集システムの使いかた

NABCCデータ 3つの活用事例|点字編集システムの使いかた

③ Unicodeと墨訳の活用事例|点字編集システムの使いかた

④ まだあるぞ!点字編集システム7の便利な機能|点字編集システムの使いかた

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です