スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

このブログはテクノツールのメンバー数名で分担して書いているのですが、このシリーズを書いている私の正体を知っている人からは、「ブログ見てますよー。Macのこと詳しいんですね。Macのパワーユーザーなんでしょ。Macの情報はあまりないので楽しみにしています。よろしくー。」なんてメッセージをいただいております。

いま流行の経歴詐称は決してしていませんが、誤解?があるので、打ち明けますと、実はわたくし、Macのパワーユーザーではありません。

たしかに普段利用しているパソコンはMacです。でもそこで稼働しているOSは、Windows 10と7なのです。(笑)

私がサポートしているKさんのMac利用がきっかけで、Macのスイッチコントロールを勉強することになり、少し詳しくなったというのが正直なところです。そのKさんは、スイッチでパソコンを操作するのですが、Mac>Win>Mac&Winという約15年の芸歴?の持ち主です。

Kさんがいなければ、私もこのような芸当?ができなかったでしょう。感謝!

いずれ、このブログにも登場してもらって、今の様子などを紹介しようかな、、、と思っていますので、お楽しみに。

さて、だいぶ間があいてしまいましたが、前回に続きOS Xのスイッチコントロール機能の標準パネルにはどんな機能があるのかをみていきましょう。

ホームパネル
ホームパネル

6. メニューバー

acc04_on_menu

画面上部に表示されているメニューバーをスキャンすることができます。

マウスでポインティングしなくてもいいので、楽チンです。

ちなみに、メニューバーは「アップルメニュー」、「アプリケーションメニュー」、「ステータスメニュー」の総称です。

詳しくはこちら

7. システム

acc04_on_system

Macのハードウェアをコントロールするシステムパネルへのリンクです。

システムパネル
システムパネル

音量や画面の輝度を調節したり、ディスクの再生等をコントロールしたりします。
これもマウスを動かして小さなボタンをクリックする必要がなくなるので、実は結構便利なパネルです。

8. カスタム

acc04_on_custom

独自のパネルに切り替えることができます。

あらかじめカスタムパネルという独自のパネルを作成しておき、標準パネルで操作するよりも効率的な操作を登録しておくことができます。アプリに合わせて、あるいは、利用者の身体状況などに合わせて作り込んでおきます。

例えば、50音のキーボードパネルやマウス操作のパネルなどを自由に作ることができます。

以下のパネルは、冒頭に紹介したKさんのために作成したカスタムパネルです。Kさんはこれをさらにカスタマイズしているようです。

かなキーボードのパネル
かなキーボード
マウス操作
マウス操作のパネル
数字キーボードのパネル
数字キーボードのパネル
機能キーボードのパネル
機能キーボードのパネル

このようなカスタムパネルの作り方も、次回?以降に解説しますのでお楽しみに!!

9. 場所

acc04_on_place

パネルの表示位置を変更できるパネルへのリンクです。

画面上の見たい部分にパネルが被ってしまう時に、即座にパネルの表示位置を変更することができます。

場所パネル
場所パネル

さて、これで標準パネルの紹介が終わりです〜。

では、、、、、と思いきや、

 

今回のブログ原稿を書いている最中に、ある人を介してある人と繋がることができました。

彼女(Hさん)はMacのパワーユーザーでありスイッチ操作の達人です。
そのHさん曰く、

「今まで利用していた”SwitchXS”が使えなくなりましたので、今後、Macのスイッチコントロールを使おうと思います。このブログで勉強しています。今は標準パネルを利用してみています。これからスイッチコントロールのカスタムパネル作りにもチャレンジしていきます」 と。

これは責任重大!!と思ったのと同時に、Hさんの操作の様子も知りたい!と思ったのでした。

で、お願してみたところ、なんとこのブログにも登場いただけるとのことでした!

というわけでご紹介します。

今こんな感じで利用されています。

(4/27:動画のテロップを一部修正しました。)

オォ、早い!まさに達人。

さらにさらに、実はHさんからコメントをもらっています。
以下、そのまま掲載します—–

初めまして!

今回の動画を担当しています、Hです!

脊髄性筋萎縮症という病気で、寝たきり生活も今年で20周年を迎えました。
ずっと、お仕事をすることが私の夢だったので、このような機会を頂き、とっても嬉しいです!!

第1回目のミッションは、標準パネルの操作でした!

標準パネルの不思議は、まず、キーボードに50音がない!ということです。
そのため、タイピングは、全てローマ字打ちをしなければならず、通常の2倍の時間を要しました。

また、マウスの方角を、いちいちグライドカーソルで(クレーンゲームのように)位置決めしなければならないというのも、泣きたくなるくらいまどろっこしかったです。

そういうわけで、Macでスイッチコントロールを使う場合のカスタマイズは、必須だと思います。ただ、私の方も、調子に乗って、カスタムパネルを作りたい!と言ってはみたものの、難しすぎて現在は投げ出している真最中です。

こんな感じで次回の更新ができるのか、甚だ本人も不安ですが、スイッチコントロールへの移行サクセスストーリーになるよう、頑張ります!

皆さんも見守っていて下さい!

—コメント以上−–

Hさんは、カスタムパネルを作りたいと仰っていますが、作り方を覚えれば、もしかしたら仕事にできるんじゃないかしら…

そうだ、もう一人の達人Kさんも紹介しないといけません。彼はもう自分で作ってますけどね。

では、今回はここまで。
次回は、スイッチの設定について解説します。お楽しみに!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

さて、前回からMacのアクセシビリティ機能の紹介をスタートし、OS Xのスイッチコントロール機能の起動方法で終わりました。

今回は最初から入っている標準パネルにはどんなものがあるのかをみていきましょう!

あ、そうそう!前回説明し忘れましたが、スイッチコントロール機能で表示される黒いウィンドウは、「パネル」という名前です。
ぱっと見、Windows の「スクリーンキーボード」に似ていますが、「パネル」はキーボードだけでなく、マウスやその他の機能も代替することができるのです。

それではまいりましょう。

標準パネル

1. ホームパネル

ホームパネル
ホームパネル

このホームパネルの各ボタンからさまざまなパネルへ切り替えることができます。

2. キーボードパネル

acc04_on_keyboard

このボタンはキーボードパネルへリンクしています。

キーボードパネル
キーボードパネル

これはあまり説明の必要はないと思いますが、文字入力をするためのパネルです。まさにスクリーンキーボード。

大事なこと① : Shift やCtrl などの機能キーの動きについて

例えば、「!」を一文字だけ入力したい時は、Shift を一回だけ選択すると薄い赤枠が表示されます。この場合、一回の入力でShift はOFFになります。

次に例えば、「()」を入力したい時や大文字を連続して入力したい時、Shift を押しっぱなしにしたほうが効率的ですね。そんな時はShift を二回選択するとキー自体が赤く表示され、再度Shift を選択するまでロック状態が保持されます。

Shift キーのロック

大事なこと② : 右上にある小さなボタン
小さなボタン
小さなボタン

これらのボタンはちっちゃーく表示されますが、結構大事です。

  • ホームパネルに戻る
  • パネルサイズの変更ボタン
  • パネル色の透明度の変更ボタン

といった機能があります。

ちなみに、OS X バージョン10.11 El Capitan 以前はパネルサイズの変更ボタンに不具合があったのですが、現在は解決されています。

3. ポインタパネル

acc04_on_mouse

このボタンはポインタパネル(=マウスパネル)へリンクしています。

ポインタパネル
ポインタパネル

その名のとおり、マウスポインタの移動やクリック、ホールドなどができます。一部だけ説明すると…

・「移動してクリック」
・「
移動」
次の動画のように、一回目のスイッチでおおよその横位置を決めて、二回目で横位置を確定。三回目でおおよその縦位置を決めて、四回目でマウスポインタの移動先が確定して自動的に移動します。

・「クリックのまま」
ドラッグ状態にするという意味ですね。

他のボタンは、名前のとおりですので、説明は割愛しますー。

4. App

acc04_on_app

このボタンはアプリ操作を行います。

アプリパネルでは、現在アクティブになっているアプリのボタンやフィールドをスキャンします。ポインタパネルでポインタを動かして選択する方法もありますが、このパネルでスキャンしていけば、もっと少ないスイッチ操作で選択できます。
(次の動画を参考にしてください)

補足 : スキャンの対象を変更するには…

ホームパネルのボタン全体がハイライトした時に選択すると、ホームパネル内のスキャンに戻ります。また、スキャンカーソル(枠・フレーム)が破線になった時に選択すると、いま選択されていたグループから抜けることができます。

5. Dock

acc04_on_dock

このボタンはDock 操作を行います。

画面下部にあるDock をスキャンすることができます。この時、Dock の設定が拡大モードになっているとうまくスキャン表示ができません。
システム環境設定>Dock で「拡大」のチェックマークを外しておきましょう。
(次の動画を参考にしてください)

ということで、

少し慣れてきたでしょうか?

スキャン対象の変更やキャンセルがわかりにくいかもしれませんね。パネル全体のハイライトと破線がポイントですよー。

では、今回はここまで。
次回は残りの標準パネルを見ていくことにしま、、、おっ!

 

 

 

 

 

んっ!?

 

 

 

 

 

ここまで書いてきて発見しました!あれっ、いつの間に!?
Apple社が、「アクセシビリティのサポート」というページを公開して詳しく紹介しています。

しかもその中には、「スイッチコントロールを使って Mac を操作する」というトピックがあります。中を見てみると、「おぉぉぉ、私が紹介している内容とほぼ同じだ〜。って当たり前か。。。」

いやぁ、一瞬「Apple社のページを見てねーー!!」でこのシリーズを終わらせてしまおうかと思ってしまいました…

 

とはいえ、とはいえです。

 

コミュニケーション支援に携わっている私ならではの目線で、わかりやすく紹介していくことができるはず。

そう思い直し、がんばって続けてまいります。次回をお楽しみに!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

さてさて、お待たせしました。

好評をいただいている、「アクセシビリティ機能のキホン」シリーズ。今回からは「Mac 編」に突入します~!!

世の中にあるPCを見渡すと、多くはWindows なのですが、iPhone やiPad が人気になったことが影響しているのか、このところMac ユーザーの数が増えてきているような気がします。

実際に米国IDC の調査でも、2015年の全世界のPC出荷台数におけるApple のシェアは7.5%で順位は4位。(1位はレノボ、2位はHP、3位はデル)

IDCの調査結果
IDCのサイトより

2014年との比較ではシェアが1.2%アップしており、PC出荷台数が拡大しているのはApple だけなのだそうです。日本だけでなく、世界中でユーザーが増えているんですね。

acc00

で、私の仕事を振り返ると、昨年からこのMac の標準アクセシビリティ機能の解説を依頼されることが増えてきています。

今回のお話は特に、「スイッチでMac を利用したいなぁ」と考えている人にぜひ読んでいただきたい内容です。

「うぉっ、スゲーなこの機能!これがタダ?!」

と思ってしまうほど、Mac のアクセシビリティ機能は充実しています。

(この記事はOS X バージョン10.11 El Capitan を基に書いています。他のバージョンでは異なる内容がありますので予めご了承ください。)

ではでは、スタート!

どこにある?

メニューバーのリンゴマークを選択して「システム環境設定」をクリックすると、次のようなウィンドウが表示されます。

そのまんま「アクセシビリティ」
そのまんま、「アクセシビリティ」という名前。

ここに「アクセシビリティ」というそのままの名前のアイコンがあります(昔はユニバーサルアクセスという名前でした)。
これをクリックすると、アクセシビリティ機能のウィンドウが開きます。

いろいろなアクセシビリティ機能がここに。
いろいろなアクセシビリティ機能がここに。

視覚、メディア、聴覚、操作のカテゴリに分けてさまざまなアクセシビリティ機能が収録されています。

このシリーズではスイッチで操作するためのアクセシビリティ機能を解説しているので、「スイッチコントロール」を中心にお話します。

しかし、です。ここで重要なポイントを一つ。

一応4つのカテゴリに分けられてはいますが、これを障がい種別に沿った機能として捉えることはあまりおススメしません

見え方や聞こえ方、操作に困難がある場合のお役立ち機能と考えれば、より有効に活用することができます。

「視覚」と書いてあるから視覚障害者のための機能だと思い込んでしまうと、支援が不十分になるかもしれません。例えば、肢体不自由の人でも見え方に困難を抱えている場合もあって、そのときは機能を併用することで解決できる場合もあるのです。

ですので、この記事を読んで興味をもってくれた方には、ぜひスイッチコントロール以外の機能も試してみることをおススメします。

スイッチコントロール

ということで、スイッチコントロールです。

これはOS X バージョン10.9 (Mervrics)から入った機能で、Mac をスイッチで操作するためのアクセシビリティ機能です。

スイッチコントロール
スイッチコントロール

「やっちゃえ、○○」的なノリで「スイッチコントロールを有効にする」にいきなりチェックマークを入れてみましょう!どうですか?

しばらくすると、なんだか黒いウィンドウが表示されますよね。これをホームパネルといいます。

ホームパネル
ホームパネル

ここでキーボードのスペースキーを押してみてください。すると…

オードスキャンします。
オードスキャンします。

オートスキャンが始まりました。実はこの黒いウィンドウは、キーボードやマウスの代わりをしてくれるオンスクリーンキーボードなのです。

じゃ、次にキーボードがハイライトした時にスペースキーを押してみましょう。次のようなキーボードが表示されます。これもスペースキーでオートスキャンが始まります。

文字入力のキーボード
文字入力のキーボード

Windows のスクリーンキーボードと同様に、横一列でカーソルが動いていきます。
このキーボードで文字入力ができるのです。

元のホームパネルに戻るには、右上にちっちゃーく表示されているホームボタンを選択してください。

ということで、今回は、ここまで。

次回は、スイッチコントロール機能の標準パネルの一つ一つについて見ていきます。

「おぉ、」と思った方は、次回を待たずに色々試してみてください。わからなくなったら、マウスで操作すればすぐに戻せます。

このパワフルな機能をすべて紹介していくのは、道のりが随分遠いのですが、じっくりやっていきたいと思います。どうか飽きずに、最後までお付き合いくださいませ…

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

⑥ スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

スイッチ操作の仕組みとなんでもワイヤレス|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは。

さてさて、「アクセシビリティ機能のキホン」シリーズ第2回です。

今回はまず、

スイッチ操作の仕組み

を理解しましょう。

OS標準のアクセシビリティに含まれる、スイッチによる操作機能は、たいてい何かしらのキーコードの入力があるとスキャン動作を始めるようにできています。例えば、下の写真のようにWindows のスクリーンキーボードは、「キーをスキャンする」というオプションを有効にすると、キーボードのスペースキーを押すだけでスキャンが始まります。

sc_anim

スイッチで操作する機能の名称はOSによって異なりますが、各OSともに、どのキーコードの入力を以ってスキャン開始とするかを任意に設定することができます。下の写真は、Windows とMac の設定画面です。

sc_win_mac

OSによる名称の違い

  • Windows :スクリーンキーボード
  • Mac      :スイッチコントロール
  • Android     :スイッチアクセス
  • iOS              :スイッチコントロール

各OSのスイッチ操作機能は、別の回で詳しく解説します。ここでは、「キーコードで動く」ということを理解してくださいね~。

そこで、なんでもワイヤレスの登場。

なんでもワイヤレス」は、パソコンやタブレットやスマホのBluetoothのキーボードデバイスとして認識されます。つまりペアリングが完了すると、「なんでもワイヤレス」からはキーコードを送出することができます。

nandemo310

そうなんです!

なんでもワイヤレス」にあなたがお持ちのスイッチを接続してスイッチを押すと、キーコードが出るのです。で、スキャンが始まるのです~。(やっとたどり着いたぁ)

 

1つのスイッチでオートスキャン、2つのスイッチでステップスキャン、5つのスイッチでダイレクトスキャン(左/右/上/下/決定)など、アプリ側の多彩なスキャン方法に対応します。

ちょっと高いなぁ…

という声をいただきますが、それなりの理由があるので、ちょっと聞いていただけるとウレシイです。なんでもワイヤレスは

  • Bluetooth接続の安定性
  • スイッチを5つまで接続できること
  • 5つそれぞれの役割を変更できる拡張性
  • バッテリーの持ちや安全性
  • OSが「なんでも」使えること

に、こだわって開発しました。

特に商品名になっているOSが「なんでも」使えるという点は、国内はもとより海外の同様の商品と比べても多才であることは間違いないと思います。

なんでもワイヤレスの詳しい使いかたは、このシリーズの最後の方でにじっくり解説しようと思います~。

次回以降は、各OSごとのスイッチによる操作機能について解説していく予定です。乞うご期待!!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは。

いまのところMOMOばっかり紹介しているこのブログですが、もちろんテクノツールは他の仕事もやっております。むしろMOMOなんて新参者でして、創業してからずっとコミュニケーション支援機器をつくってお届けすることをメインの仕事としてまいりました。

コミュニケーションといっても色々ありますが、我々のやっていることは主に、スイッチでパソコンやタブレットやスマホを操作するということです。例えば「オペレートナビ(通称『オペナビ』)」という、ワンスイッチでWindows が操作できるようになるソフトを開発・販売しています。が、これらの商品についてはまた今度触れたいと思います。

オペナビのような特別なソフトがある一方で、最近はOS標準のアクセシビリティ機能が充実してきています。特別なソフトを使わなくても、OS標準のアクセシビリティ機能を活用すれば、「ある程度」のことはスイッチで操作することができます。

OS標準のアクセシビリティ機能

ということで、本題です。

OS標準アクセシビリティ機能」とは、さまざまな理由でキーボードやマウス、タッチパネル操作が困難な方のために、OSに最初から備わっている操作補助機能のことです。まっ、簡単に言うと、みなさんが操作しやすいように設定変更できる機能なんです。

これがまた、あまり知られていない!

しかもちゃんと各OSに備わっているのです。はっきり言って知らなきゃ損!ぐらいのお得機能です。

という名称で皆さんのパソコンやタブレット、スマホに入っているので、チェックしてみてください。(上記リンクはOSメーカーの解説ページへジャンプします)

PC_なんでも

唐突ですが問題です

あなたは一本の指だけで「!」や「%」をキーボードで入力する方法をご存知ですか?タブレットやスマホのスクリーンキーボードではなく、パソコンのキーボードでの話です。

「びっくり」と入力して「!」へ変換する方法はなしです(笑)。

この場合、問題なるのは、2つのキーの同時押しですよね。

正解は、Windows の場合は、「固定キー」機能の利用です。固定キー機能を有効にすると、「Shift」キーを押した後に「1」キーを押すと「!」が入力されます。この機能があると指一本で入力する場合だけでなく、口にくわえたスティックや手に装着したスティックでも複数のキーの同時押し問題が解決できます。

koteiki

頸髄損傷の方や脳性麻痺の方に役立つ機能ですね。ちなみにMacの場合は「スティッキーキー」機能と呼んでいます。

と、まぁ、これはほんの一部の機能に過ぎず、実はそれぞれのOSにはたくさんのアクセシビリティ機能が含まれています。それらを一つ一つ取り上げて解説していくことも考えたのですが、まずは、スイッチで操作するためのアクセシビリティ機能にポイントを絞って解説していきます。

これからのテーマ

おおまかに、

  • Windows 編
  • Mac 編
  • Android 編
  • iOS 編
  • なんでもワイヤレス

という感じで順不同に取り上げていこうと思います。全部で何回シリーズになるのやら見当もつきませんが、お楽しみに。

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ