スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

さて、前回からMacのアクセシビリティ機能の紹介をスタートし、OS Xのスイッチコントロール機能の起動方法で終わりました。

今回は最初から入っている標準パネルにはどんなものがあるのかをみていきましょう!

あ、そうそう!前回説明し忘れましたが、スイッチコントロール機能で表示される黒いウィンドウは、「パネル」という名前です。
ぱっと見、Windows の「スクリーンキーボード」に似ていますが、「パネル」はキーボードだけでなく、マウスやその他の機能も代替することができるのです。

それではまいりましょう。

標準パネル

1. ホームパネル

ホームパネル
ホームパネル

このホームパネルの各ボタンからさまざまなパネルへ切り替えることができます。

2. キーボードパネル

acc04_on_keyboard

このボタンはキーボードパネルへリンクしています。

キーボードパネル
キーボードパネル

これはあまり説明の必要はないと思いますが、文字入力をするためのパネルです。まさにスクリーンキーボード。

大事なこと① : Shift やCtrl などの機能キーの動きについて

例えば、「!」を一文字だけ入力したい時は、Shift を一回だけ選択すると薄い赤枠が表示されます。この場合、一回の入力でShift はOFFになります。

次に例えば、「()」を入力したい時や大文字を連続して入力したい時、Shift を押しっぱなしにしたほうが効率的ですね。そんな時はShift を二回選択するとキー自体が赤く表示され、再度Shift を選択するまでロック状態が保持されます。

Shift キーのロック

大事なこと② : 右上にある小さなボタン
小さなボタン
小さなボタン

これらのボタンはちっちゃーく表示されますが、結構大事です。

  • ホームパネルに戻る
  • パネルサイズの変更ボタン
  • パネル色の透明度の変更ボタン

といった機能があります。

ちなみに、OS X バージョン10.11 El Capitan 以前はパネルサイズの変更ボタンに不具合があったのですが、現在は解決されています。

3. ポインタパネル

acc04_on_mouse

このボタンはポインタパネル(=マウスパネル)へリンクしています。

ポインタパネル
ポインタパネル

その名のとおり、マウスポインタの移動やクリック、ホールドなどができます。一部だけ説明すると…

・「移動してクリック」
・「
移動」
次の動画のように、一回目のスイッチでおおよその横位置を決めて、二回目で横位置を確定。三回目でおおよその縦位置を決めて、四回目でマウスポインタの移動先が確定して自動的に移動します。

・「クリックのまま」
ドラッグ状態にするという意味ですね。

他のボタンは、名前のとおりですので、説明は割愛しますー。

4. App

acc04_on_app

このボタンはアプリ操作を行います。

アプリパネルでは、現在アクティブになっているアプリのボタンやフィールドをスキャンします。ポインタパネルでポインタを動かして選択する方法もありますが、このパネルでスキャンしていけば、もっと少ないスイッチ操作で選択できます。
(次の動画を参考にしてください)

補足 : スキャンの対象を変更するには…

ホームパネルのボタン全体がハイライトした時に選択すると、ホームパネル内のスキャンに戻ります。また、スキャンカーソル(枠・フレーム)が破線になった時に選択すると、いま選択されていたグループから抜けることができます。

5. Dock

acc04_on_dock

このボタンはDock 操作を行います。

画面下部にあるDock をスキャンすることができます。この時、Dock の設定が拡大モードになっているとうまくスキャン表示ができません。
システム環境設定>Dock で「拡大」のチェックマークを外しておきましょう。
(次の動画を参考にしてください)

ということで、

少し慣れてきたでしょうか?

スキャン対象の変更やキャンセルがわかりにくいかもしれませんね。パネル全体のハイライトと破線がポイントですよー。

では、今回はここまで。
次回は残りの標準パネルを見ていくことにしま、、、おっ!

 

 

 

 

 

んっ!?

 

 

 

 

 

ここまで書いてきて発見しました!あれっ、いつの間に!?
Apple社が、「アクセシビリティのサポート」というページを公開して詳しく紹介しています。

しかもその中には、「スイッチコントロールを使って Mac を操作する」というトピックがあります。中を見てみると、「おぉぉぉ、私が紹介している内容とほぼ同じだ〜。って当たり前か。。。」

いやぁ、一瞬「Apple社のページを見てねーー!!」でこのシリーズを終わらせてしまおうかと思ってしまいました…

 

とはいえ、とはいえです。

 

コミュニケーション支援に携わっている私ならではの目線で、わかりやすく紹介していくことができるはず。

そう思い直し、がんばって続けてまいります。次回をお楽しみに!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ