IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは。

いまのところMOMOばっかり紹介しているこのブログですが、もちろんテクノツールは他の仕事もやっております。むしろMOMOなんて新参者でして、創業してからずっとコミュニケーション支援機器をつくってお届けすることをメインの仕事としてまいりました。

コミュニケーションといっても色々ありますが、我々のやっていることは主に、スイッチでパソコンやタブレットやスマホを操作するということです。例えば「オペレートナビ(通称『オペナビ』)」という、ワンスイッチでWindows が操作できるようになるソフトを開発・販売しています。が、これらの商品についてはまた今度触れたいと思います。

オペナビのような特別なソフトがある一方で、最近はOS標準のアクセシビリティ機能が充実してきています。特別なソフトを使わなくても、OS標準のアクセシビリティ機能を活用すれば、「ある程度」のことはスイッチで操作することができます。

OS標準のアクセシビリティ機能

ということで、本題です。

OS標準アクセシビリティ機能」とは、さまざまな理由でキーボードやマウス、タッチパネル操作が困難な方のために、OSに最初から備わっている操作補助機能のことです。まっ、簡単に言うと、みなさんが操作しやすいように設定変更できる機能なんです。

これがまた、あまり知られていない!

しかもちゃんと各OSに備わっているのです。はっきり言って知らなきゃ損!ぐらいのお得機能です。

という名称で皆さんのパソコンやタブレット、スマホに入っているので、チェックしてみてください。(上記リンクはOSメーカーの解説ページへジャンプします)

PC_なんでも

唐突ですが問題です

あなたは一本の指だけで「!」や「%」をキーボードで入力する方法をご存知ですか?タブレットやスマホのスクリーンキーボードではなく、パソコンのキーボードでの話です。

「びっくり」と入力して「!」へ変換する方法はなしです(笑)。

この場合、問題なるのは、2つのキーの同時押しですよね。

正解は、Windows の場合は、「固定キー」機能の利用です。固定キー機能を有効にすると、「Shift」キーを押した後に「1」キーを押すと「!」が入力されます。この機能があると指一本で入力する場合だけでなく、口にくわえたスティックや手に装着したスティックでも複数のキーの同時押し問題が解決できます。

koteiki

頸髄損傷の方や脳性麻痺の方に役立つ機能ですね。ちなみにMacの場合は「スティッキーキー」機能と呼んでいます。

と、まぁ、これはほんの一部の機能に過ぎず、実はそれぞれのOSにはたくさんのアクセシビリティ機能が含まれています。それらを一つ一つ取り上げて解説していくことも考えたのですが、まずは、スイッチで操作するためのアクセシビリティ機能にポイントを絞って解説していきます。

これからのテーマ

おおまかに、

  • Windows 編
  • Mac 編
  • Android 編
  • iOS 編
  • なんでもワイヤレス

という感じで順不同に取り上げていこうと思います。全部で何回シリーズになるのやら見当もつきませんが、お楽しみに。

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ