どうやって「点訳」するのか?|「点字とはなんぞや?」というお話 その2

こんにちは、てくのブログです。

「点字とはなんぞや?」シリーズ第2回です。

前回は点字が目が見えない人の「文字」であること、漢字かな交じり文を「カナ」にして点字に置き換える作業を「点訳」と呼ぶこと、を紹介しました。
今回は実際にどうやって「点訳」をするのか、ちょっとだけ触れてみたいと思います。

私たちは墨字を“なんとなく”読んでいる?

ところで実は私、「読み方を知らない漢字」に出くわしたときに、無意識に漢字から意味を(おおざっぱに)理解して読み進めてしまうことが結構あります。
なんかよくわからない魚へんの漢字に出くわしたときとか、「あ、なんか魚ね。」という感じで読み飛ばしてしまいます(汗)。同じような方、いらっしゃいませんか?(私だけか?・・・汗汗)

それはさておき…漢字かな交じりの文章を「カナ」にしていく作業は、意外と大変です。同じ漢字でも文脈によって読み方が違うこと、よくありますよね。

たとえば「日本橋」。読み方によって全然違う場所になってしまいます。

  • ニホンバシ  →  東京
  • ニッポンバシ →  大阪

というわけで、漢字かな交じりの文章をどのように「読む」のか、キチンと調べながら「カナ」にしていくことが、点訳作業において重要なポイントです。
正しい読み方(カナ)がわかったら、「カナ」に対応した点字に置き換えていきます。この段階で使われるのが「点字編集システム」です。

点の位置には番号がある

前回もお話ししたように、点字は6つの点でできています。さらに、この6つの点に番号をつけて呼びます。
左上が「1の点」で、以下「2の点」、「3の点」、右側も同様に上から、「4の点」、「5の点」、「6の点」となります。

点の番号
点の番号

6点入力

点字の入力の基本は「6点入力」という方法です。

「6点入力」とは、左右の「人さし指」、「中指」、「薬指」、の合計6本の指を点字の6点に見立てて、点があるところは「押す」、点がないところは「押さない」という感じで入力する方式です。

指と点の対応は下の図のようになっています。
たとえば…

  • 「ア」 → 左手の人さし指で「F」を押す
  • 「イ」 → 左手の人さし指と中指で「F」「D」を押す
「アイウエオ」の入力
「アイウエオ」の入力

手のひらを向けてみると、指と点の対応がわかりやすくなりますね。

点の位置と指の対応
点の位置と指の対応

とまぁこんな流れで点訳していくわけですが、なかなかイメージが沸かないと思います。
ご興味のある方は「点字編集システム」を使って、ぜひ実際に入力を体験してみてください。弊社のホームページからダウンロードできて、インストール後2週間は無料でお試しいただけます。

いい具合に商品の宣伝になったところで、今日はこの辺で。

それではまた~。

【点字とはなんぞや? 他の記事はこちら】

 意外と知らない?!「点字とはなんぞや?」というお話 その1

② どうやって「点訳」するのか?|「点字とはなんぞや?」というお話 その2

③ 64個じゃ足りないよ!|「点字とはなんぞや?」というお話 その3

 

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ