スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

こんにちは、てくのブログです。

「アクセシビリティ機能のキホン」シリーズでは、スイッチでIT機器を操作する方法を紹介しています。(これまでの記事一覧は一番下にまとめてあります。)

Windows のスクリーンキーボードやiPad のスイッチコントロールのように、最近のIT機器はもともと便利なアクセシビリティ機能をもってくれています。それを知ってさえいれば、ワンスイッチでもかなりのことができますよ、ということをこのシリーズではお伝えしたいわけです。

と、ここで一つ疑問が…

そもそも、スイッチをどうやって選べばいんだろう?

 

そうなんです。詳しいセラピストさんや業者さんが周りにいれば話は別ですが、スイッチを選ぶのはとっても難しいことですよね。

今回は、そんなスイッチ選びを助けてくれるサイトを3つ紹介します。

マイスイッチ

まずはこちら。意思伝達装置「レッツ・チャット」の開発者である松尾光晴さんが管理しているサイトです。

マイスイッチ
マイスイッチ

スイッチを活用してIT機器などを使うためのノウハウや事例を、写真や動画つきで紹介してくれていて、とてもわかりやすいです。困ったときは、まずここで適合事例を探してみると良いのではないでしょうか。

詳細検索」ではスイッチの名称や障害名、利用部位、姿勢などいろいろな条件で検索することができます。

他にも「対象者と選びかた」、「機器導入の流れ」など、ご利用者や支援者さん目線でメニューが用意されているのも嬉しいポイントです。

スイッチで使う機器」では意思伝達装置をはじめ、スイッチで使える便利な機器が紹介されています。テクノツールのオペレートナビや、なんでもIRも載っていますよ。

スイッチで使う機器の紹介ページ
スイッチで使う機器の紹介ページ

また、ご自分の使いかたをマイスイッチへ投稿することで、ノウハウをシェアすることもできます。スイッチ適合のノウハウをお持ちの方は、こちらから投稿してみてください。

意思伝達装置用スイッチのサイト

続いては、国立障害者リハビリテーションセンター研究所の伊藤和幸先生が管理しているサイトです。

意思伝達装置用スイッチのサイト
意思伝達装置用スイッチのサイト

こちらは「『重度障害者用意思伝達装置』導入ガイドライン」のスイッチ分類に則って、市販されているスイッチをリスト化してくれています。

作動圧操作部位も整理されているので、候補を絞り込むときに便利だと思います。

メーカーや販売店のリンクも載っていますので、気になるものがあったらどんどんクリックして詳細を調べたり、実物を借りてみたりしましょう。

重度障害者用意思伝達装置の購入基準・修理基準等

こちらは日本リハビリテーション工学協会のサイトです。

日本リハビリテーション工学協会のサイト
日本リハビリテーション工学協会のサイト

意思伝達装置の種類や基準価格などの情報と、スイッチの種類とその基準価格が整理されています。スイッチやスイッチで使う機器はわかりやすいイラストつきで紹介されています。

イラストつきで紹介
イラストつきで紹介

「修理基準」、「文字等走査入力方式」など、慣れない用語もあると思いますが、意思伝達装置の給付はこの基準をもとに判定されます。申請する場合には、知っておきたい情報ですので、ぜひチェックしてみてください。

ということで

スイッチを選ぶときに、とっても頼りになる3つのサイトを紹介させていただきました。

スイッチについて何も予備知識がない人は、とりあえず

マイスイッチでイメージをつかむ → 意思伝達装置用スイッチのサイトで当たりをつける → 購入基準・修理基準を確認する

という順番で見ていくと、選びやすいかなという気がします。

もちろんスイッチ選びは一概には言えないことばっかりなので、各サイトを行ったり来たりしたり、マイスイッチだけで選ぶことができちゃったりもするんでしょうけど、大まかな流れとしてはこんな感じかなと。

「こんなサイトもあるよ!」というものがあれば、コメント欄で教えていただけると嬉しいです。

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

⑥ スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

コミュニケーション機器大集合!|全国難病センター研究会レポート

こんにちは、てくのブログです。

つい昨日のことですが、2月20日(日)に栃木県総合文化センターで「全国難病センター研究会第25回研究大会」が開催されました。

いろいろな講演、発表とともに機器展示も開催されていまして、テクノツールもお誘いいただき展示をしてきました。全部で11の企業、団体が集まっていて、コミュニケーション機器を中心に結構充実した展示でした。

とはいえ、こういうイベントには時間と場所の都合で、どうしても参加できなかった人がいるはずです。参加できても時間がなくて、見逃してしまった人がいるはずです。

ということで、各出展者さんから許可を得てブースの写真を撮らせてもらい、まとめて紹介してみることにしました。

※ 時間がなくて撮影できなかった出展者さんもいますので、その場合は公開されている情報を掲載させていただきます。ごめんなさい。

株式会社ユープラス

まずはユープラスさん。といえば、トーキングエイド for iPad です。音声や筆談によるコミュニケーションが苦手な人のために開発された、スイッチやタッチで操作するiPadのアプリ(一部iPhoneに対応したものもあり)です。

トーキングエイド for iPad
トーキングエイド for iPad

上の写真は専用のプロテクトケースキーガードをつけた状態です。アームは一般に売られている、VESAという規格に対応したものなら使えます。

ちゃっかりなんでもワイヤレスも一緒に置いてありますね。決して私が置いたわけではありません。

テキスト入力版とシンボル入力版
テキスト入力版とシンボル入力版

文字でのコミュニケーションがメインのテキスト入力版と、画像や絵文字がメインのシンボル入力版が並んでいます。

パナソニックエイジフリーライフテック株式会社

続いてレッツチャットでお馴染みのパナソニックさん。

レッツチャットは小型軽量で、意思伝達の専用機であることが最大の特徴です。起動してすぐに使えるので、とても簡単です。ワイヤレスコールや固定具といったオプションも充実しています。

レッツチャット
レッツチャット

 

株式会社日立ケーイーシステムズ

伝の心の日立ケーイーシステムズさんです。伝の心といえば、レッツチャットと並び最もポピュラーな意思伝達装置です。もはや説明不要(?)です。

今回はタブレット版を展示していました。持ち運びに便利ですよね。

伝の心
伝の心

企業組合S.R.D

タブレットを使った意思伝達装置、話想(はなそう)をつくっているS.R.Dさん。今回は新たに開発した視線入力ソフトを、本邦初公開していました。市販のwebカメラで、キャリブレーション(視線を正しく捕捉するための調整)いらずで使えてしまうらしいです。発売開始が楽しみです。

Photo 2-21-16, 12 15 22 PM

 

株式会社クレアクト

視線入力といえば、クレアクトさんのトビ―を外すわけにはまいりません。アイトラッキング(視線計測)技術の世界最大手であるTobii社のテクノロジーを使った、超高性能の視線入力コミュニケーション機器です。

世界中で数万台も使われているという、グローバルな一品です。

主力のマイトビ― I 15や簡易版のえくすぷろぁPC Eye Goを展示していました。

マイトビ―
マイトビ―
えくすぷろあ
えくすぷろあ

ダブル技研株式会社

ダブル技研さんはいろいろな福祉機器を扱っていて、今回もいろいろ展示していました。

りーだぶる
りーだぶる

こちらはりーだぶる。スイッチまたはリモコン操作で本が読める、ページめくり機です。ダブル技研さんが開発、製造しています。そのほか、トーキングエイド for iPad、伝の心、レッツチャット、話想、オペレートナビなどの代理店にもなっています。

心語り
心語り

こちらは心語り。脳内の血液量の変化を測定して、Yes/Noを伝達することができるシステムです。測定精度を高めた新・心語りを準備中だそうで、もうすぐ販売開始とのことでした。

島根大学総合理工学研究科

島根大学さんはたくさんの研究成果を展示。写真には写っていませんが、視線入力訓練ソフト「EyeMoT」というものもありました。「ゲームを活用したコミュニケーション支援活動」というタイトルで口頭発表もしていました。

いろいろな研究開発をやっています。
いろいろな研究開発をやっています。

視覚障がい支援機器

拡大読書器や電子ルーペなどの、視覚障がい支援機器も展示されていました。諸事情により写真だけの紹介です。

コンパクトな拡大読書器たち
コンパクトな拡大読書器たち
小さくて超軽い電子ルーペ
小さくて超軽い電子ルーペ

NPO法人ICT救助隊

時間がなく、写真を撮れませんでした…

ICT救助隊さんは透明文字盤やスイッチ系の展示、難病コミュニケーション講座の情報を紹介していました。今回の会場となった栃木県では難病コミュニケーション講座が大好評で、昨年だけで2回開催したそうです。

イーエヌ大塚製薬株式会社

写真を撮れなかったシリーズその2です。

イーエヌ大塚製薬さんは「あいーと」という摂食回復支援食を展示していて、試食もできました。私も去年試食させてもらいましたが、とってもおいしい&あっという間にとろけていきます。すごいです。

テクノツール株式会社

写真を撮れなかったシリーズその3は、なんと肝心の自社ブースでございます。

いやぁ、他社の撮影に必死ですっかり忘れていました…

(ちなみに会場全体の写真を撮るのも忘れていまして、トップ写真は会場の目の前にあった栃木県庁です。すごく立派!)

テクノツールもオペレートナビなんでもワイヤレスOAK CamMOMOと、結構いろいろと展示させてもらいまして、たくさんの人たちとお話しすることができました。お弁当もおいしかったです。

ありがとうございました!!

というわけで

種類が多かったのでかなり駆け足になりましたが、参加できなかった、時間がなくて見られなかった、といった方々に、大集合した支援機器の情報が伝われば嬉しいです。

毎年この時期に開催されるこの研究大会、来年の会場は三重県だそうです。今から楽しみです。

それではまた~。

 

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ