ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その2

こんにちは、てくのブログです。

前回に続きクリックアシストのお話ですが、今回は設定項目のことを。

ジョイスティックマウスやZonoもそうですが、この手のデバイスやソフトには様々な症状のユーザーが使えるよう、設定機能が備わっています。

クリックアシストでもこの点は注力していて、多くの項目を用意しています。

パネルの一番下にある歯車のアイコンを選択すると、設定画面が開きます。さっそく一番上の段から見ていきましょう。

クリックアシストの設定画面

クリックまでの待機時間

クリックアシストではポインターの動きを止めると、パネル上でアクション(アイコン)を選択したり、選んだアクションを発動させることができます。このとき止めておく時間(=待機時間)を設定できます。

デフォルトは1.2秒になっています。0.1~3.0秒の間で、0.1秒刻みで決められます。

クリック待機の有効範囲

ポインターの動きを“止める”といっても、どれくらい止められるのかは人それぞれ。
なのでクリックアシストではその範囲をピクセル単位で決められるようにしました。

10ピクセルから100ピクセルまで10段階にわかれています。たとえば50ピクセルに設定すると、ポインターが動いても50ピクセル以内なら“止まっている”とみなされます。

ちなみにZonoには震え補正機能があって、不随意運動や振戦の影響を抑えることができます。こちらもあわせて試してみてください。

待機時間/有効範囲の表示

「設定できるのはいいけど、いざ使うときにどれくらい止めればいいのかわからないよねー。」と思ったそこのあなた。あなたのために待機時間と有効範囲が見てわかる仕組みも入れています。
表示をオンにした状態で、待機時間と有効範囲の設定を変えてみたビデオをどうぞ。

まずは待機時間
待機時間はサークルで描かれていて一周したらアクションが発動します

続いて有効範囲。
四角い枠の中が有効範囲で、ポインターが動いてもこの枠から外に出なければ“止まっている”と見なされます。

アクションが発動されると枠が青くなります。こうなると有効範囲、つまり四枠からいったん出ないと次のアクションは発動されません。

両方とも表示させるとこんな感じです。

マウスカーソルの強調

カーソル(ポインター)のまわりにグリーンのサークルが表示されて、目立つようにします。

クリック音を鳴らす

これはそのまんまです。チェックをいれるとクリック音が鳴るようになります。

起動設定

「スタートアップに登録」にチェックすると、Windows を起動したら自動的にクリックアシストが立ち上がるようになります。

マウスのプロパティを開く

Windows OS自体にもマウスに関する調整メニューが用意されています。
例えば左利きの人が使いやすいようにするとか、ホイールを1回動かすと何行スクロールするとか、ポインターの表示を変えたりとか…

この話をすると長くなるので、また別の機会に。

続きは第3回で。

今回はここまで。次回はパネルの表示設定などの話をしようと思います。

クリックアシスト(無料版)のダウンロードはこちらからできますので、面白そうと思ったら試してみてください。

それではまた~。

 

<関連するエントリ>

 ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その1

 Zonoで右クリックやダブルクリックをする方法 その1:スイッチをつなげる

ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その1

こんにちは、てくのブログです。
先月「クリックアシスト」というソフトの有料版をリリースしました。
これはマウスポインターの動きだけでWindows PCを使えるようにするソフトで、先行リリースしていた無料版と比べ有料版は大幅に機能がアップしています。
クリックアシストの基本的な使い方はこちらのビデオを見たり、無料版をダウンロードして試してみてください。

以下の比較表に一通りのことは書いてありますが、これだけではわかりにくいということで、数回にわけて動画付きで有料版を紹介していきます。
今回は表の左側、マウス操作のところから。
無料版と有料版の比較

 ドラッグとホイール

1番わかりやすい点は左右ドラッグとホイール上下ができるようになることです。

 連続操作モード

これは 何気に便利な機能。
アイコンが黄色くなった後もポインターを止めたままにしておくと、ロックがかかります。
この状態になると選択したアクションが続けて実行されます。
webサイトやドキュメントを閲覧するときにかなり便利です。

 連続操作が可能なアクションは右クリック、ダブルクリック、左ドラッグ、右ドラッグ、ホイール上、ホイール下です。
というわけで、今回はマウス操作のアクションで加わった機能のお話でした。
次回は超パワーアップした設定項目を紹介します。
それではまた〜。
<合わせて読みたい>

沖縄・北海道で超・ミニ体験会を開催します!

こんにちは、てくのブログです。

今日は告知です。

6月に沖縄で、8月に北海道で、超・ミニ体験会を開催いたします。

6月22日(水) @沖縄県浦添市

出展企業:丸日本(株)、テクノツール(株)

6月22日(水) 14:00~16:00 浦添市社会福祉センター (浦添市)

沖縄では障がい者ITサポートおきなわ丸日本(株)、テクノツールのコラボで開催します。

一緒に出展する丸日本さんは「チェーンブランケット」、「マスターケア」といったおもしろい商品を輸入販売しています。
我々とはまったく異なるジャンルの商品なので、いつも楽しませてもらっています。笑

また前日の21日(火)は、沖縄型神経原性筋萎縮症の家族会「希の会」の総会でも体験会をやらせていただきます。
詳細はチラシをご覧ください↓

チラシ_160622浦添市社協
沖縄のチラシです。

8月19日(金) @北海道札幌市

出展企業:テクノツールのみ

8月19日(金) 13:00~16:00 北海道難病センター 3F 小会議室2

北海道では北海道難病連さんのご協力により開催します。
詳細はチラシをご覧ください↓

北海道のチラシです。
北海道のチラシです。

チラシのデザインがほぼ同じですが、そこはご愛嬌。

なぜやるのか?

日本で大きな福祉機器展といえば、HCR(東京)、バリアフリー(大阪)、ウェルフェア(愛知)、西日本福祉機器展(福岡)といったものがありますが、いずれも都市部に集中しています。

もちろん、沖縄と北海道からのアクセスは一番大変です。「情報が足りない」、「知っていても試す機会がない」というお声を、これまでもいただいていました。

たからといって、いきなり大規模な展示会を開くのはハードルが高い…
ということで、超ミニサイズではありますが、「何もやらないより、とりあえず1回やってみよう」という感じでやらせていただきます。
我々にとっても一つのチャレンジであります。ぜひご来場くださいませ。

最後にこれだけはお伝えしたいのですが、どちらも現地の方々のご提案、ご協力あっての開催です。本当にありがとうございます。

沖縄県、北海道の皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。開催が近づいたらまたFacebookでお知らせします。

それではまた~。

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ