ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その2

こんにちは、てくのブログです。

前回に続きクリックアシストのお話ですが、今回は設定項目のことを。

ジョイスティックマウスやZonoもそうですが、この手のデバイスやソフトには様々な症状のユーザーが使えるよう、設定機能が備わっています。

クリックアシストでもこの点は注力していて、多くの項目を用意しています。

パネルの一番下にある歯車のアイコンを選択すると、設定画面が開きます。さっそく一番上の段から見ていきましょう。

クリックアシストの設定画面

クリックまでの待機時間

クリックアシストではポインターの動きを止めると、パネル上でアクション(アイコン)を選択したり、選んだアクションを発動させることができます。このとき止めておく時間(=待機時間)を設定できます。

デフォルトは1.2秒になっています。0.1~3.0秒の間で、0.1秒刻みで決められます。

クリック待機の有効範囲

ポインターの動きを“止める”といっても、どれくらい止められるのかは人それぞれ。
なのでクリックアシストではその範囲をピクセル単位で決められるようにしました。

10ピクセルから100ピクセルまで10段階にわかれています。たとえば50ピクセルに設定すると、ポインターが動いても50ピクセル以内なら“止まっている”とみなされます。

ちなみにZonoには震え補正機能があって、不随意運動や振戦の影響を抑えることができます。こちらもあわせて試してみてください。

待機時間/有効範囲の表示

「設定できるのはいいけど、いざ使うときにどれくらい止めればいいのかわからないよねー。」と思ったそこのあなた。あなたのために待機時間と有効範囲が見てわかる仕組みも入れています。
表示をオンにした状態で、待機時間と有効範囲の設定を変えてみたビデオをどうぞ。

まずは待機時間
待機時間はサークルで描かれていて一周したらアクションが発動します

続いて有効範囲。
四角い枠の中が有効範囲で、ポインターが動いてもこの枠から外に出なければ“止まっている”と見なされます。

アクションが発動されると枠が青くなります。こうなると有効範囲、つまり四枠からいったん出ないと次のアクションは発動されません。

両方とも表示させるとこんな感じです。

マウスカーソルの強調

カーソル(ポインター)のまわりにグリーンのサークルが表示されて、目立つようにします。

クリック音を鳴らす

これはそのまんまです。チェックをいれるとクリック音が鳴るようになります。

起動設定

「スタートアップに登録」にチェックすると、Windows を起動したら自動的にクリックアシストが立ち上がるようになります。

マウスのプロパティを開く

Windows OS自体にもマウスに関する調整メニューが用意されています。
例えば左利きの人が使いやすいようにするとか、ホイールを1回動かすと何行スクロールするとか、ポインターの表示を変えたりとか…

この話をすると長くなるので、また別の機会に。

続きは第3回で。

今回はここまで。次回はパネルの表示設定などの話をしようと思います。

クリックアシスト(無料版)のダウンロードはこちらからできますので、面白そうと思ったら試してみてください。

それではまた~。

 

<関連するエントリ>

 ポインターの動きでPCが使える!クリックアシストとは? その1

 Zonoで右クリックやダブルクリックをする方法 その1:スイッチをつなげる

スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

このブログはテクノツールのメンバー数名で分担して書いているのですが、このシリーズを書いている私の正体を知っている人からは、「ブログ見てますよー。Macのこと詳しいんですね。Macのパワーユーザーなんでしょ。Macの情報はあまりないので楽しみにしています。よろしくー。」なんてメッセージをいただいております。

いま流行の経歴詐称は決してしていませんが、誤解?があるので、打ち明けますと、実はわたくし、Macのパワーユーザーではありません。

たしかに普段利用しているパソコンはMacです。でもそこで稼働しているOSは、Windows 10と7なのです。(笑)

私がサポートしているKさんのMac利用がきっかけで、Macのスイッチコントロールを勉強することになり、少し詳しくなったというのが正直なところです。そのKさんは、スイッチでパソコンを操作するのですが、Mac>Win>Mac&Winという約15年の芸歴?の持ち主です。

Kさんがいなければ、私もこのような芸当?ができなかったでしょう。感謝!

いずれ、このブログにも登場してもらって、今の様子などを紹介しようかな、、、と思っていますので、お楽しみに。

さて、だいぶ間があいてしまいましたが、前回に続きOS Xのスイッチコントロール機能の標準パネルにはどんな機能があるのかをみていきましょう。

ホームパネル
ホームパネル

6. メニューバー

acc04_on_menu

画面上部に表示されているメニューバーをスキャンすることができます。

マウスでポインティングしなくてもいいので、楽チンです。

ちなみに、メニューバーは「アップルメニュー」、「アプリケーションメニュー」、「ステータスメニュー」の総称です。

詳しくはこちら

7. システム

acc04_on_system

Macのハードウェアをコントロールするシステムパネルへのリンクです。

システムパネル
システムパネル

音量や画面の輝度を調節したり、ディスクの再生等をコントロールしたりします。
これもマウスを動かして小さなボタンをクリックする必要がなくなるので、実は結構便利なパネルです。

8. カスタム

acc04_on_custom

独自のパネルに切り替えることができます。

あらかじめカスタムパネルという独自のパネルを作成しておき、標準パネルで操作するよりも効率的な操作を登録しておくことができます。アプリに合わせて、あるいは、利用者の身体状況などに合わせて作り込んでおきます。

例えば、50音のキーボードパネルやマウス操作のパネルなどを自由に作ることができます。

以下のパネルは、冒頭に紹介したKさんのために作成したカスタムパネルです。Kさんはこれをさらにカスタマイズしているようです。

かなキーボードのパネル
かなキーボード
マウス操作
マウス操作のパネル
数字キーボードのパネル
数字キーボードのパネル
機能キーボードのパネル
機能キーボードのパネル

このようなカスタムパネルの作り方も、次回?以降に解説しますのでお楽しみに!!

9. 場所

acc04_on_place

パネルの表示位置を変更できるパネルへのリンクです。

画面上の見たい部分にパネルが被ってしまう時に、即座にパネルの表示位置を変更することができます。

場所パネル
場所パネル

さて、これで標準パネルの紹介が終わりです〜。

では、、、、、と思いきや、

 

今回のブログ原稿を書いている最中に、ある人を介してある人と繋がることができました。

彼女(Hさん)はMacのパワーユーザーでありスイッチ操作の達人です。
そのHさん曰く、

「今まで利用していた”SwitchXS”が使えなくなりましたので、今後、Macのスイッチコントロールを使おうと思います。このブログで勉強しています。今は標準パネルを利用してみています。これからスイッチコントロールのカスタムパネル作りにもチャレンジしていきます」 と。

これは責任重大!!と思ったのと同時に、Hさんの操作の様子も知りたい!と思ったのでした。

で、お願してみたところ、なんとこのブログにも登場いただけるとのことでした!

というわけでご紹介します。

今こんな感じで利用されています。

(4/27:動画のテロップを一部修正しました。)

オォ、早い!まさに達人。

さらにさらに、実はHさんからコメントをもらっています。
以下、そのまま掲載します—–

初めまして!

今回の動画を担当しています、Hです!

脊髄性筋萎縮症という病気で、寝たきり生活も今年で20周年を迎えました。
ずっと、お仕事をすることが私の夢だったので、このような機会を頂き、とっても嬉しいです!!

第1回目のミッションは、標準パネルの操作でした!

標準パネルの不思議は、まず、キーボードに50音がない!ということです。
そのため、タイピングは、全てローマ字打ちをしなければならず、通常の2倍の時間を要しました。

また、マウスの方角を、いちいちグライドカーソルで(クレーンゲームのように)位置決めしなければならないというのも、泣きたくなるくらいまどろっこしかったです。

そういうわけで、Macでスイッチコントロールを使う場合のカスタマイズは、必須だと思います。ただ、私の方も、調子に乗って、カスタムパネルを作りたい!と言ってはみたものの、難しすぎて現在は投げ出している真最中です。

こんな感じで次回の更新ができるのか、甚だ本人も不安ですが、スイッチコントロールへの移行サクセスストーリーになるよう、頑張ります!

皆さんも見守っていて下さい!

—コメント以上−–

Hさんは、カスタムパネルを作りたいと仰っていますが、作り方を覚えれば、もしかしたら仕事にできるんじゃないかしら…

そうだ、もう一人の達人Kさんも紹介しないといけません。彼はもう自分で作ってますけどね。

では、今回はここまで。
次回は、スイッチの設定について解説します。お楽しみに!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

さて、前回からMacのアクセシビリティ機能の紹介をスタートし、OS Xのスイッチコントロール機能の起動方法で終わりました。

今回は最初から入っている標準パネルにはどんなものがあるのかをみていきましょう!

あ、そうそう!前回説明し忘れましたが、スイッチコントロール機能で表示される黒いウィンドウは、「パネル」という名前です。
ぱっと見、Windows の「スクリーンキーボード」に似ていますが、「パネル」はキーボードだけでなく、マウスやその他の機能も代替することができるのです。

それではまいりましょう。

標準パネル

1. ホームパネル

ホームパネル
ホームパネル

このホームパネルの各ボタンからさまざまなパネルへ切り替えることができます。

2. キーボードパネル

acc04_on_keyboard

このボタンはキーボードパネルへリンクしています。

キーボードパネル
キーボードパネル

これはあまり説明の必要はないと思いますが、文字入力をするためのパネルです。まさにスクリーンキーボード。

大事なこと① : Shift やCtrl などの機能キーの動きについて

例えば、「!」を一文字だけ入力したい時は、Shift を一回だけ選択すると薄い赤枠が表示されます。この場合、一回の入力でShift はOFFになります。

次に例えば、「()」を入力したい時や大文字を連続して入力したい時、Shift を押しっぱなしにしたほうが効率的ですね。そんな時はShift を二回選択するとキー自体が赤く表示され、再度Shift を選択するまでロック状態が保持されます。

Shift キーのロック

大事なこと② : 右上にある小さなボタン
小さなボタン
小さなボタン

これらのボタンはちっちゃーく表示されますが、結構大事です。

  • ホームパネルに戻る
  • パネルサイズの変更ボタン
  • パネル色の透明度の変更ボタン

といった機能があります。

ちなみに、OS X バージョン10.11 El Capitan 以前はパネルサイズの変更ボタンに不具合があったのですが、現在は解決されています。

3. ポインタパネル

acc04_on_mouse

このボタンはポインタパネル(=マウスパネル)へリンクしています。

ポインタパネル
ポインタパネル

その名のとおり、マウスポインタの移動やクリック、ホールドなどができます。一部だけ説明すると…

・「移動してクリック」
・「
移動」
次の動画のように、一回目のスイッチでおおよその横位置を決めて、二回目で横位置を確定。三回目でおおよその縦位置を決めて、四回目でマウスポインタの移動先が確定して自動的に移動します。

・「クリックのまま」
ドラッグ状態にするという意味ですね。

他のボタンは、名前のとおりですので、説明は割愛しますー。

4. App

acc04_on_app

このボタンはアプリ操作を行います。

アプリパネルでは、現在アクティブになっているアプリのボタンやフィールドをスキャンします。ポインタパネルでポインタを動かして選択する方法もありますが、このパネルでスキャンしていけば、もっと少ないスイッチ操作で選択できます。
(次の動画を参考にしてください)

補足 : スキャンの対象を変更するには…

ホームパネルのボタン全体がハイライトした時に選択すると、ホームパネル内のスキャンに戻ります。また、スキャンカーソル(枠・フレーム)が破線になった時に選択すると、いま選択されていたグループから抜けることができます。

5. Dock

acc04_on_dock

このボタンはDock 操作を行います。

画面下部にあるDock をスキャンすることができます。この時、Dock の設定が拡大モードになっているとうまくスキャン表示ができません。
システム環境設定>Dock で「拡大」のチェックマークを外しておきましょう。
(次の動画を参考にしてください)

ということで、

少し慣れてきたでしょうか?

スキャン対象の変更やキャンセルがわかりにくいかもしれませんね。パネル全体のハイライトと破線がポイントですよー。

では、今回はここまで。
次回は残りの標準パネルを見ていくことにしま、、、おっ!

 

 

 

 

 

んっ!?

 

 

 

 

 

ここまで書いてきて発見しました!あれっ、いつの間に!?
Apple社が、「アクセシビリティのサポート」というページを公開して詳しく紹介しています。

しかもその中には、「スイッチコントロールを使って Mac を操作する」というトピックがあります。中を見てみると、「おぉぉぉ、私が紹介している内容とほぼ同じだ〜。って当たり前か。。。」

いやぁ、一瞬「Apple社のページを見てねーー!!」でこのシリーズを終わらせてしまおうかと思ってしまいました…

 

とはいえ、とはいえです。

 

コミュニケーション支援に携わっている私ならではの目線で、わかりやすく紹介していくことができるはず。

そう思い直し、がんばって続けてまいります。次回をお楽しみに!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは、てくのブログです。

さてさて、お待たせしました。

好評をいただいている、「アクセシビリティ機能のキホン」シリーズ。今回からは「Mac 編」に突入します~!!

世の中にあるPCを見渡すと、多くはWindows なのですが、iPhone やiPad が人気になったことが影響しているのか、このところMac ユーザーの数が増えてきているような気がします。

実際に米国IDC の調査でも、2015年の全世界のPC出荷台数におけるApple のシェアは7.5%で順位は4位。(1位はレノボ、2位はHP、3位はデル)

IDCの調査結果
IDCのサイトより

2014年との比較ではシェアが1.2%アップしており、PC出荷台数が拡大しているのはApple だけなのだそうです。日本だけでなく、世界中でユーザーが増えているんですね。

acc00

で、私の仕事を振り返ると、昨年からこのMac の標準アクセシビリティ機能の解説を依頼されることが増えてきています。

今回のお話は特に、「スイッチでMac を利用したいなぁ」と考えている人にぜひ読んでいただきたい内容です。

「うぉっ、スゲーなこの機能!これがタダ?!」

と思ってしまうほど、Mac のアクセシビリティ機能は充実しています。

(この記事はOS X バージョン10.11 El Capitan を基に書いています。他のバージョンでは異なる内容がありますので予めご了承ください。)

ではでは、スタート!

どこにある?

メニューバーのリンゴマークを選択して「システム環境設定」をクリックすると、次のようなウィンドウが表示されます。

そのまんま「アクセシビリティ」
そのまんま、「アクセシビリティ」という名前。

ここに「アクセシビリティ」というそのままの名前のアイコンがあります(昔はユニバーサルアクセスという名前でした)。
これをクリックすると、アクセシビリティ機能のウィンドウが開きます。

いろいろなアクセシビリティ機能がここに。
いろいろなアクセシビリティ機能がここに。

視覚、メディア、聴覚、操作のカテゴリに分けてさまざまなアクセシビリティ機能が収録されています。

このシリーズではスイッチで操作するためのアクセシビリティ機能を解説しているので、「スイッチコントロール」を中心にお話します。

しかし、です。ここで重要なポイントを一つ。

一応4つのカテゴリに分けられてはいますが、これを障がい種別に沿った機能として捉えることはあまりおススメしません

見え方や聞こえ方、操作に困難がある場合のお役立ち機能と考えれば、より有効に活用することができます。

「視覚」と書いてあるから視覚障害者のための機能だと思い込んでしまうと、支援が不十分になるかもしれません。例えば、肢体不自由の人でも見え方に困難を抱えている場合もあって、そのときは機能を併用することで解決できる場合もあるのです。

ですので、この記事を読んで興味をもってくれた方には、ぜひスイッチコントロール以外の機能も試してみることをおススメします。

スイッチコントロール

ということで、スイッチコントロールです。

これはOS X バージョン10.9 (Mervrics)から入った機能で、Mac をスイッチで操作するためのアクセシビリティ機能です。

スイッチコントロール
スイッチコントロール

「やっちゃえ、○○」的なノリで「スイッチコントロールを有効にする」にいきなりチェックマークを入れてみましょう!どうですか?

しばらくすると、なんだか黒いウィンドウが表示されますよね。これをホームパネルといいます。

ホームパネル
ホームパネル

ここでキーボードのスペースキーを押してみてください。すると…

オードスキャンします。
オードスキャンします。

オートスキャンが始まりました。実はこの黒いウィンドウは、キーボードやマウスの代わりをしてくれるオンスクリーンキーボードなのです。

じゃ、次にキーボードがハイライトした時にスペースキーを押してみましょう。次のようなキーボードが表示されます。これもスペースキーでオートスキャンが始まります。

文字入力のキーボード
文字入力のキーボード

Windows のスクリーンキーボードと同様に、横一列でカーソルが動いていきます。
このキーボードで文字入力ができるのです。

元のホームパネルに戻るには、右上にちっちゃーく表示されているホームボタンを選択してください。

ということで、今回は、ここまで。

次回は、スイッチコントロール機能の標準パネルの一つ一つについて見ていきます。

「おぉ、」と思った方は、次回を待たずに色々試してみてください。わからなくなったら、マウスで操作すればすぐに戻せます。

このパワフルな機能をすべて紹介していくのは、道のりが随分遠いのですが、じっくりやっていきたいと思います。どうか飽きずに、最後までお付き合いくださいませ…

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

⑥ スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

こんにちは、てくのブログです。

「アクセシビリティ機能のキホン」シリーズでは、スイッチでIT機器を操作する方法を紹介しています。(これまでの記事一覧は一番下にまとめてあります。)

Windows のスクリーンキーボードやiPad のスイッチコントロールのように、最近のIT機器はもともと便利なアクセシビリティ機能をもってくれています。それを知ってさえいれば、ワンスイッチでもかなりのことができますよ、ということをこのシリーズではお伝えしたいわけです。

と、ここで一つ疑問が…

そもそも、スイッチをどうやって選べばいんだろう?

 

そうなんです。詳しいセラピストさんや業者さんが周りにいれば話は別ですが、スイッチを選ぶのはとっても難しいことですよね。

今回は、そんなスイッチ選びを助けてくれるサイトを3つ紹介します。

マイスイッチ

まずはこちら。意思伝達装置「レッツ・チャット」の開発者である松尾光晴さんが管理しているサイトです。

マイスイッチ
マイスイッチ

スイッチを活用してIT機器などを使うためのノウハウや事例を、写真や動画つきで紹介してくれていて、とてもわかりやすいです。困ったときは、まずここで適合事例を探してみると良いのではないでしょうか。

詳細検索」ではスイッチの名称や障害名、利用部位、姿勢などいろいろな条件で検索することができます。

他にも「対象者と選びかた」、「機器導入の流れ」など、ご利用者や支援者さん目線でメニューが用意されているのも嬉しいポイントです。

スイッチで使う機器」では意思伝達装置をはじめ、スイッチで使える便利な機器が紹介されています。テクノツールのオペレートナビや、なんでもIRも載っていますよ。

スイッチで使う機器の紹介ページ
スイッチで使う機器の紹介ページ

また、ご自分の使いかたをマイスイッチへ投稿することで、ノウハウをシェアすることもできます。スイッチ適合のノウハウをお持ちの方は、こちらから投稿してみてください。

意思伝達装置用スイッチのサイト

続いては、国立障害者リハビリテーションセンター研究所の伊藤和幸先生が管理しているサイトです。

意思伝達装置用スイッチのサイト
意思伝達装置用スイッチのサイト

こちらは「『重度障害者用意思伝達装置』導入ガイドライン」のスイッチ分類に則って、市販されているスイッチをリスト化してくれています。

作動圧操作部位も整理されているので、候補を絞り込むときに便利だと思います。

メーカーや販売店のリンクも載っていますので、気になるものがあったらどんどんクリックして詳細を調べたり、実物を借りてみたりしましょう。

重度障害者用意思伝達装置の購入基準・修理基準等

こちらは日本リハビリテーション工学協会のサイトです。

日本リハビリテーション工学協会のサイト
日本リハビリテーション工学協会のサイト

意思伝達装置の種類や基準価格などの情報と、スイッチの種類とその基準価格が整理されています。スイッチやスイッチで使う機器はわかりやすいイラストつきで紹介されています。

イラストつきで紹介
イラストつきで紹介

「修理基準」、「文字等走査入力方式」など、慣れない用語もあると思いますが、意思伝達装置の給付はこの基準をもとに判定されます。申請する場合には、知っておきたい情報ですので、ぜひチェックしてみてください。

ということで

スイッチを選ぶときに、とっても頼りになる3つのサイトを紹介させていただきました。

スイッチについて何も予備知識がない人は、とりあえず

マイスイッチでイメージをつかむ → 意思伝達装置用スイッチのサイトで当たりをつける → 購入基準・修理基準を確認する

という順番で見ていくと、選びやすいかなという気がします。

もちろんスイッチ選びは一概には言えないことばっかりなので、各サイトを行ったり来たりしたり、マイスイッチだけで選ぶことができちゃったりもするんでしょうけど、大まかな流れとしてはこんな感じかなと。

「こんなサイトもあるよ!」というものがあれば、コメント欄で教えていただけると嬉しいです。

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

④ スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

⑥ スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

⑦ スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑧ スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

コミュニケーション機器大集合!|全国難病センター研究会レポート

こんにちは、てくのブログです。

つい昨日のことですが、2月20日(日)に栃木県総合文化センターで「全国難病センター研究会第25回研究大会」が開催されました。

いろいろな講演、発表とともに機器展示も開催されていまして、テクノツールもお誘いいただき展示をしてきました。全部で11の企業、団体が集まっていて、コミュニケーション機器を中心に結構充実した展示でした。

とはいえ、こういうイベントには時間と場所の都合で、どうしても参加できなかった人がいるはずです。参加できても時間がなくて、見逃してしまった人がいるはずです。

ということで、各出展者さんから許可を得てブースの写真を撮らせてもらい、まとめて紹介してみることにしました。

※ 時間がなくて撮影できなかった出展者さんもいますので、その場合は公開されている情報を掲載させていただきます。ごめんなさい。

株式会社ユープラス

まずはユープラスさん。といえば、トーキングエイド for iPad です。音声や筆談によるコミュニケーションが苦手な人のために開発された、スイッチやタッチで操作するiPadのアプリ(一部iPhoneに対応したものもあり)です。

トーキングエイド for iPad
トーキングエイド for iPad

上の写真は専用のプロテクトケースキーガードをつけた状態です。アームは一般に売られている、VESAという規格に対応したものなら使えます。

ちゃっかりなんでもワイヤレスも一緒に置いてありますね。決して私が置いたわけではありません。

テキスト入力版とシンボル入力版
テキスト入力版とシンボル入力版

文字でのコミュニケーションがメインのテキスト入力版と、画像や絵文字がメインのシンボル入力版が並んでいます。

パナソニックエイジフリーライフテック株式会社

続いてレッツチャットでお馴染みのパナソニックさん。

レッツチャットは小型軽量で、意思伝達の専用機であることが最大の特徴です。起動してすぐに使えるので、とても簡単です。ワイヤレスコールや固定具といったオプションも充実しています。

レッツチャット
レッツチャット

 

株式会社日立ケーイーシステムズ

伝の心の日立ケーイーシステムズさんです。伝の心といえば、レッツチャットと並び最もポピュラーな意思伝達装置です。もはや説明不要(?)です。

今回はタブレット版を展示していました。持ち運びに便利ですよね。

伝の心
伝の心

企業組合S.R.D

タブレットを使った意思伝達装置、話想(はなそう)をつくっているS.R.Dさん。今回は新たに開発した視線入力ソフトを、本邦初公開していました。市販のwebカメラで、キャリブレーション(視線を正しく捕捉するための調整)いらずで使えてしまうらしいです。発売開始が楽しみです。

Photo 2-21-16, 12 15 22 PM

 

株式会社クレアクト

視線入力といえば、クレアクトさんのトビ―を外すわけにはまいりません。アイトラッキング(視線計測)技術の世界最大手であるTobii社のテクノロジーを使った、超高性能の視線入力コミュニケーション機器です。

世界中で数万台も使われているという、グローバルな一品です。

主力のマイトビ― I 15や簡易版のえくすぷろぁPC Eye Goを展示していました。

マイトビ―
マイトビ―
えくすぷろあ
えくすぷろあ

ダブル技研株式会社

ダブル技研さんはいろいろな福祉機器を扱っていて、今回もいろいろ展示していました。

りーだぶる
りーだぶる

こちらはりーだぶる。スイッチまたはリモコン操作で本が読める、ページめくり機です。ダブル技研さんが開発、製造しています。そのほか、トーキングエイド for iPad、伝の心、レッツチャット、話想、オペレートナビなどの代理店にもなっています。

心語り
心語り

こちらは心語り。脳内の血液量の変化を測定して、Yes/Noを伝達することができるシステムです。測定精度を高めた新・心語りを準備中だそうで、もうすぐ販売開始とのことでした。

島根大学総合理工学研究科

島根大学さんはたくさんの研究成果を展示。写真には写っていませんが、視線入力訓練ソフト「EyeMoT」というものもありました。「ゲームを活用したコミュニケーション支援活動」というタイトルで口頭発表もしていました。

いろいろな研究開発をやっています。
いろいろな研究開発をやっています。

視覚障がい支援機器

拡大読書器や電子ルーペなどの、視覚障がい支援機器も展示されていました。諸事情により写真だけの紹介です。

コンパクトな拡大読書器たち
コンパクトな拡大読書器たち
小さくて超軽い電子ルーペ
小さくて超軽い電子ルーペ

NPO法人ICT救助隊

時間がなく、写真を撮れませんでした…

ICT救助隊さんは透明文字盤やスイッチ系の展示、難病コミュニケーション講座の情報を紹介していました。今回の会場となった栃木県では難病コミュニケーション講座が大好評で、昨年だけで2回開催したそうです。

イーエヌ大塚製薬株式会社

写真を撮れなかったシリーズその2です。

イーエヌ大塚製薬さんは「あいーと」という摂食回復支援食を展示していて、試食もできました。私も去年試食させてもらいましたが、とってもおいしい&あっという間にとろけていきます。すごいです。

テクノツール株式会社

写真を撮れなかったシリーズその3は、なんと肝心の自社ブースでございます。

いやぁ、他社の撮影に必死ですっかり忘れていました…

(ちなみに会場全体の写真を撮るのも忘れていまして、トップ写真は会場の目の前にあった栃木県庁です。すごく立派!)

テクノツールもオペレートナビなんでもワイヤレスOAK CamMOMOと、結構いろいろと展示させてもらいまして、たくさんの人たちとお話しすることができました。お弁当もおいしかったです。

ありがとうございました!!

というわけで

種類が多かったのでかなり駆け足になりましたが、参加できなかった、時間がなくて見られなかった、といった方々に、大集合した支援機器の情報が伝われば嬉しいです。

毎年この時期に開催されるこの研究大会、来年の会場は三重県だそうです。今から楽しみです。

それではまた~。

 

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ