Zonoで右クリックやダブルクリックをする方法 その1:スイッチをつなげる

こんにちは、てくのブログです。

先日Facebookでご案内しましたが、装着型エア・マウス「Zono」が日常生活用具として給付を受けられるケースが増えてきました。

ご利用者が増えるに従い、いろいろとご質問もいただくようになっています。よくある質問と答えはQ&Aページに結構載せているのですが、ブログでより詳しく回答していきたいと思います。

さて、今回お答えするご質問は「右クリックやダブルクリックをする方法」です。
Zonoは一定時間ポインターを静止させると左クリックしてくれる機能がありますが、それ以外のクリック操作はZonoだけではできません。それだとネッを見るくらいはできるけど、もっとパソコンを使いたい人には物足りませんよね。

じゃあどうするのか?方法は2つあります。

その1:スイッチをつなげる
その2:ソフトウェアを使う

です。ちょっと長くなるので2回に分けて紹介していきますね。

その1:スイッチをつなげる

Zonoにはプッシュスイッチや呼気スイッチといったハードスイッチを繋げることができます。しかも送信機と受信機にそれぞれつけられるのです。

送信機につける

送信機にはスイッチを1つだけ繋げられます。おしりについているUSBコネクタは充電だけでなく、実はスイッチ入力も受け付けます。

こういう変換ケーブルが同梱されているので、φ3.5のモノラルミニジャックで接続できるスイッチを繋げてください。

Quha社からはZonoと相性の良い呼気スイッチパフスイッチも発売されています。テクノツールではまだ在庫していませんが、仕入れることはできます。ご興味がありましたらお問い合わせください。

注意して頂きたいのは、送信機に繋げられるスイッチは1つだけで、できるのは左クリックのみです。もちろん連続入力すればダブルクリックはできます。
右クリックもしたい場合は受信機にスイッチをつないでください。

受信機につける

受信機にはφ3.5のモノラルミニジャックをそのまま接続できます。しかもなんと2股のアダプタが同梱されていまして、スイッチを2つ繋ぐことができるのです。

銀色(写真の左側)に繋いだスイッチが左クリック、金色(同右側)に繋いだスイッチが右クリックになります。

ちなみにアダプタを使わないでスイッチを1つ繋げると、左クリックになります。

もちろん組み合わせもオッケー

たとえば「送信機に呼気スイッチをつけて左クリック、受信機にアダプタ+プッシュスイッチを金色の方へつけて右クリック」なんてこともできます。様々なニーズに応えられるようにつくられています。

「ダブルクリックアシスト」を使おう!

スイッチでのダブルクリックがうまくいかない場合は「ダブルクリックアシスト」をオンにしてみてください。どんなものかというと、Q&Aページから説明を抜粋します。

“外部スイッチを使ったダブルクリックを補助する機能です。ダブルクリックをする時にポインターが動いてしまうと、コンピュータが認識してくれません。それを避けるために、この機能をオンにすると最初のクリックでポインターが静止します。静止したらダブルクリックをしてください。 静止時間は調整ツールで設定できます(0.1秒~2.0秒の間)。”

つまり全部で3回クリックすることになるわけですが、最大2秒までポインターが止まってくれるので、スイッチ入力の際にZonoの装着場所(頭や手足など)が動いてしまっても大丈夫!というわけです。

「ダブルクリックアシスト」をオンにするには、Zonoの「調整ツール」の「」タブにあるラジオボタンにチェックしてください。
ポインターが止まる時間は0.1~2.0秒の間で、0.1秒刻みで設定できます。

次回はソフトウェアを使う方法です。

以上、Zonoに外部スイッチをつなげてダブルクリックや右クリックをする方法でした。
次回はソフトウェアを使う方法をご紹介します。

Zonoはもちろんお試しもできますので、ご希望の際はテクノツールの窓口へメールまたは電話でご依頼ください。

メール:office@ttools.co.jp
Tel: 042-370-6377
(受付時間:月曜日から金曜日 9時~12時/13時~17時30分)

それではまた~。

関連エントリ:Zonoで右クリックやダブルクリックをする方法 その2:ソフトウェアをつかう

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です