スイッチ操作の仕組みとなんでもワイヤレス|アクセシビリティ機能のキホン

こんにちは。

さてさて、「アクセシビリティ機能のキホン」シリーズ第2回です。

今回はまず、

スイッチ操作の仕組み

を理解しましょう。

OS標準のアクセシビリティに含まれる、スイッチによる操作機能は、たいてい何かしらのキーコードの入力があるとスキャン動作を始めるようにできています。例えば、下の写真のようにWindows のスクリーンキーボードは、「キーをスキャンする」というオプションを有効にすると、キーボードのスペースキーを押すだけでスキャンが始まります。

sc_anim

スイッチで操作する機能の名称はOSによって異なりますが、各OSともに、どのキーコードの入力を以ってスキャン開始とするかを任意に設定することができます。下の写真は、Windows とMac の設定画面です。

sc_win_mac

OSによる名称の違い

  • Windows :スクリーンキーボード
  • Mac      :スイッチコントロール
  • Android     :スイッチアクセス
  • iOS              :スイッチコントロール

各OSのスイッチ操作機能は、別の回で詳しく解説します。ここでは、「キーコードで動く」ということを理解してくださいね~。

そこで、なんでもワイヤレスの登場。

なんでもワイヤレス」は、パソコンやタブレットやスマホのBluetoothのキーボードデバイスとして認識されます。つまりペアリングが完了すると、「なんでもワイヤレス」からはキーコードを送出することができます。

nandemo310

そうなんです!

なんでもワイヤレス」にあなたがお持ちのスイッチを接続してスイッチを押すと、キーコードが出るのです。で、スキャンが始まるのです~。(やっとたどり着いたぁ)

 

1つのスイッチでオートスキャン、2つのスイッチでステップスキャン、5つのスイッチでダイレクトスキャン(左/右/上/下/決定)など、アプリ側の多彩なスキャン方法に対応します。

ちょっと高いなぁ…

という声をいただきますが、それなりの理由があるので、ちょっと聞いていただけるとウレシイです。なんでもワイヤレスは

  • Bluetooth接続の安定性
  • スイッチを5つまで接続できること
  • 5つそれぞれの役割を変更できる拡張性
  • バッテリーの持ちや安全性
  • OSが「なんでも」使えること

に、こだわって開発しました。

特に商品名になっているOSが「なんでも」使えるという点は、国内はもとより海外の同様の商品と比べても多才であることは間違いないと思います。

なんでもワイヤレスの詳しい使いかたは、このシリーズの最後の方でにじっくり解説しようと思います~。

次回以降は、各OSごとのスイッチによる操作機能について解説していく予定です。乞うご期待!!

それではまた~。

【アクセシビリティ機能のキホン 他の記事はこちら】

① IT機器をスイッチで操作! アクセシビリティ機能のキホン

② スイッチ操作の仕組みと「なんでもワイヤレス」|アクセシビリティ機能のキホン

③ スイッチでWindowsを操作する方法|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでWindowsを操作する方法 その2|アクセシビリティ機能のキホン

⑤ スイッチを選ぶときに便利なサイト3選!!|アクセシビリティ機能のキホン 番外編

スイッチでMacを操作する その1|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その2|アクセシビリティ機能のキホン

スイッチでMacを操作する その3|アクセシビリティ機能のキホン

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です